男女

人体に必須なケイ素|健康食品で効果が高いものを摂取する

不調を緩和する

栄養補助食品

40代から始めたい

女性の体には一生を通じて様々な変化が訪れます。その変化は主に女性ホルモンの影響を受けてもたらされるものですが、この女性ホルモンは40代を境に減少し始めます。それが原因で疲れやすくなったり、ひどい肩こりに悩まされたり、また急な発汗などに見舞われるということもあるようです。これらの不調は一般的に更年期症状と言われており、女性にとっては悩みの種となっています。女性ホルモンと同じような働きをする物質としては、今までイソフラボンがよく知られていました。女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをするため、女性特有の悩みの解消に役立つとされていたようです。また、女性ホルモンの減少による骨粗しょう症のリスクの軽減にもつながると考えられていました。更年期症状にもイソフラボンは有効だとされてきました。しかし、最近日本人のおよそ5割はこのイソフラボンからエストロゲンに似た役割りをするエクオールと呼ばれる物質を生み出すことができないということが明らかになりました。そのため、更年期症状をおさえるためにはサプリメントでのエクオールの摂取が有効だと言われています。女性ホルモンは年齢とともに減少し始めるので、その境目である40代頃から継続してサプリメントなどでエクオールを摂取することで更年期の不調を軽減することができるそうです。40代、50代頃に訪れる不調は、女性ホルモンの減少が原因であることが多いようです。たとえ更年期症状だという自覚がなくてもエクオールを摂取することで症状をやわらげることが可能となっています。ただ、体内で生成できる人ばかりではないので、サプリメントを利用するほうが手軽かもしれません。もちろん1日の目安量を摂取するのもサプリメントであれば簡単です。